子育て

オムニ360は新生児でも安心!エルゴアダプトとの違いは前向き抱っこ

エルゴ omni360 オムニ360 新生児

抱っこ紐で有名な「エルゴベビー」。

私もエルゴベビーの「アダプト」を長男、次男と愛用しています。

新生児から使えるエルゴアダプトについての記事はこちら

エルゴ アダプト 新生児 抱っこ紐
【レビュー】新生児から安心して使えるエルゴアダプト!新生児からでも使える抱っこ紐のオススメってたくさんあってわかりませんよね?抱っこ紐と言えばエルゴベビーのアダプト!新生児からでも付属品無しで安心して使えます。長男、次男と愛用しているエルゴアダプトの徹底レビューを紹介しています。...

そのエルゴベビー抱っこ紐の最上級モデルに「OMNI(オムニ)360」というシリーズがあります。

2017年11月に発売されたエルゴベビー抱っこ紐の最新作です。(2018年6月にOMNI(オムニ)360のメッシュタイプ新発売)

この記事では、エルゴ抱っこ紐「OMNI(オムニ)360」の特徴やアダプトとの違いについて紹介しています。

エルゴ抱っこ紐 OMNI(オムニ)360とアダプトの違い

OMNI(オムニ)360は、アダプトの最大のデメリットだった「前向き抱っこ」をすることができる抱っこ紐です。

今まで新生児から付属品なしで使用できる抱っこ紐はアダプトだけだったんですが、前向き抱っこができませんでした。

エルゴアダプトの良いところはそのままに、さらに最大のデメリットをなくして前向き抱っこができるようになったのがOMNI(オムニ)360です。

前向き抱っこの何が良いの?

では、前向き抱っこって赤ちゃんにとって何が良いの?って思いますよね。

前向き抱っこのメリット・デメリットを紹介します。

前向き抱っこのメリット

  • 赤ちゃんの脳への刺激になる
  • 赤ちゃんが抱っこに飽きずに機嫌が良い

赤ちゃんが少し大きくなってくると、いろいろなことに興味を持ち始めます。

前向き抱っこは、いろいろな景色を見ることができるので赤ちゃんにとってとても刺激的。

お母さんと同じ視線で同じ景色が見れるのでお散歩中でも会話が弾み、赤ちゃんも抱っこに飽きずに機嫌よくいてくれます。

前向き抱っこのデメリット

  • 転んだ時に赤ちゃんの顔が危ない
  • 股関節脱臼のおそれがある

前向き抱っこの場合は、万が一転んでしまった場合に、赤ちゃんの顔が地面にぶつかってしまう恐れがあります。

抱っこ紐をしていると足元が見えにくいので、前向き抱っこの時は特に注意が必要です。

赤ちゃんにとって理想の体勢は、お尻が後方に少し沈んでM字開脚している状態ですが、前向き抱っこはこの理想の姿勢ができなくなることがあります。

OMNI(オムニ)360は、前向き抱っこでもM字開脚になりやすいように作られているので安心ですが、気になる方は長時間使用しないなど対策してください。

OMNI(オムニ)360 のおすすめポイント

最上級モデル「OMNI(オムニ)360」のおすすめポイントを紹介します。

インサートなしで新生児から使用できる

エルゴの抱っこ紐の中には新生児からは使用できないものもあります。

新生児から使用したい場合、別売りの「インファントインサート」という付属品をつけなければいけません。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児 インサート

もちろん、OMNI(オムニ)360はインサートなしでも新生児から使うことができます。

アダプト同様3.2㎏以上の新生児から使用可能です。

首すわり前でも安心なヘッド&ネックサポート

首がすわっていない赤ちゃんでも安心して使えるのがヘッド&ネックサポートです。

こちらはOMNI(オムニ)360と同じくネック&サポートがついているアダプトの写真なんですが、生後6週間までは内側に折りたたんで使用します。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児

新生児の赤ちゃんでも首がグラグラせずしっかりガードしてくれるので安心です。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児 ネックサポート

赤ちゃんの成長に合わせて調整し、起きている時は外側へ折返し、抱っこ紐の中で寝てしまった場合は、首を支えるようにネックサポートを立てて使用することもできます。

成長に合わせて調節できるシートアジャスタータブ

新生児から使えるOMNI(オムニ)360は、赤ちゃんの成長に合わせて足のシートを調節します。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児

身長と月齢を目安にマジックテープで調整。強力なマジックテープなので外れたりの心配はありません。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児

こちらはアダプトのシートアジャスタータブですが、こんな感じで色に合わせてマジックテープを移動させていきます。

チッチ
チッチ
長男・次男と使ってるけど一度も外れたことないよ!

赤ちゃんの落下防止!日本限定「ベビーウエスト」

エルゴベビーには、赤ちゃんの落下防止のために「ベビーウエスト」が付いています。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児 ベビーウェスト 落下防止

このベルトを赤ちゃんの腰に巻いて、本体と繋げて赤ちゃんの落下を防ぎます。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児 ベビーウェスト 落下防止

万が一、可愛い我が子が抱っこ紐から落ちてしまったら…なんて恐ろしすぎます。

このベルトがあるだけで安心感が違いますね。

長時間でも肩や腰に負担が少ない

抱っこ紐を選ぶときに重要視するポイントは「長時間使っても肩や腰の負担が少ないこと!」です。

赤ちゃんが1〜2歳になっても抱っこ紐はまだまだ使用する方は多いと思います。

その頃赤ちゃんは10㎏を超えてきます。マジで重たい…

OMNI(オムニ)360は、厚みのあるクッション付肩ベルトと、幅のある腰のサポート付ウエストベルトで、肩と腰の荷重をバランスよく分散してくれるので負担を軽減してくれます。

お出かけなど長時間使用する場合、肩や腰の負担はできるだけ少ない方が良いですよね。

クロス装着で小柄な人でもズレずにフィット

エルゴベビーは海外製品なので、小柄な人が多い日本人には合わないと言われていたりしますが、何も問題ありません!

OMNI(オムニ)360はクロス装着ができるので、小柄な方でも肩にしっかりフィットして肩紐がズレ落ちてきません。

エルゴ アダプト 新生児

実際アダプトを使用していますが、クロス装着じゃなくパラレル装着でも肩紐同士を留めるバックル(胸ストラップ)があるので肩紐がズレ落ちてくるのを防いでくれます。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児

パラレル装着をよりしっかりフィットさせたのがクロス装着です。

選べる生地 コットンタイプとメッシュタイプ

OMNI(オムニ)360は柔らかい肌触りのコットン生地と通気性に優れたメッシュ生地の2種類あります。

チッチ
チッチ
好みにもよりますが、私ならコットン生地よりメッシュ生地を選びます。

体温の高い赤ちゃんは汗っかき。

メッシュ生地は夏は良いにしても冬は寒いんじゃない?って思いがちですが、赤ちゃんはお母さんと密着してて意外と暖かく汗をかいてることも結構あります。

冬は赤ちゃんも厚着だしね!

メッシュ生地だと通気性も良く、そして洗濯しても乾きが早い!

今使っているアダプトも、私が購入する時にはまだメッシュ生地は発売されてなかったんですが、もしメッシュ生地があればそっちにしていました。

豊富なカラーバリエーション

OMNI(オムニ)360はカラーバリエーションも豊富です。

派手な色はないですが、自分好みのカラーが見つかりますよ。

OMNI(オムニ)360のデメリット

最上級モデルのOMNI(オムニ)360にもデメリットが!

価格が高い

価格が高い!

OMNI(オムニ)360のデメリットはこれです。

作りもしっかりしていてとても高機能なのでこの値段でも納得ですが、抱っこ紐の中でも値段が高い方です。

アダプトと比べて見ると

コットン生地

  • OMNI(オムニ)360 … 28,600円(税込)
  • アダプト … 24,200円(税込)

メッシュ生地

  • OMNI(オムニ)360クールエア … 31,900円(税込)
  • アダプトクールエア … 27,500円(税込)

となっており、約4,000円ほど違います。

なので、前向き抱っこも選択肢に入れるならOMNI(オムニ)360、前向き抱っこが必要ないならアダプトを選ぶと良いでしょう。

\ 新生児から安心して使えるアダプトはこちら /

畳んでもかさばる

アダプト同様、厚みのあるクッション付きの肩紐と腰のサポート付きウエストベルトがあるので、やはり畳んでもかさばります。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児

こちらはリングタイプのスリングと比べてみましたが、やはり抱っこ紐は作りがしっかりしている分大きく持ち運びには不便です。

リングタイプのスリングについての記事はこちら

スリング 難しい リングタイプ
スリングって難しい?リングタイプを使用した【徹底レビュー】いろいろな種類のあるスリング。スリングって難しいイメージもあるし、抱っこ紐があったら必要ない?って思いますよね!?実際にリングタイプのスリングを使った徹底レビュー記事です。メリットだけでなくデメリットもしっかり紹介しています。...

偽物には気をつけて!

エルゴの抱っこ紐は偽物が多く出回っています。

人気ゆえ仕方のないことかもしれないですが、やはり偽物は安全面が心配です。

大切な赤ちゃんに何かあったりしたら大変!

なので、エルゴの抱っこ紐は必ず正規販売店や公式サイトから購入するようにしましょう。

▼正規販売店舗はこちらから確認

ネットならDADWAYで購入しましょう。

DADWAYは、Ergobaby社が認定している日本で唯一の正規総代理店です。

要は、正規販売店で買おうがネットで買おうが、日本正規品は全てこのDADWAYを介しているということです。

DADWAYで購入すれば、間違いなく本物ですよ!

\ 日本で唯一の正規総代理店 /

DADWAYで購入すると付いてくるお得な特典

  • 買い物する際にすぐ使えるクーポンが貰える
  • 新規登録するだけで1ポイント1円として使える500ポイントゲット
  • いつでも購入金額の5%還元がアダプトを購入すると10%還元!
  • 5,000円以上で送料無料
  • 14時までの注文で即日発送

OMUNI(オムニ)360 まとめ

OMNI(オムニ)360のおすすめポイントをまとめました。

  • アダプトにはない前向き抱っこができる
  • 新生児から使用できる
  • ヘッド&ネックサポートで首がすわってなくても安心
  • 成長に合わせて調節できるシートアジャスタータブ
  • 赤ちゃんの落下防止!安心のベビーウエスト
  • 超重要ポイント!長時間でも肩や腰が痛くなりにくい
  • クロス装着で小柄な方でもしっかりフィット
  • 選べるメッシュ生地とコットン生地の2タイプ
  • 豊富なカラーバリエーション

赤ちゃんと生活するのに抱っこ紐は必需品です。

2歳を過ぎてもほとんどの人がまだまだ抱っこ紐は使用すると思います。

グズる我が子をおんぶしながら料理するなど、外だけじゃなく家の中でも何かと出番が多い抱っこ紐。

安心して使えるよう、本物を購入しましょう!

\ エルゴベビー最上級モデル /

抱っこ紐によだれカバーは必要?についての記事はこちら

抱っこ紐 よだれカバー 必要
抱っこ紐によだれカバー(ベルトカバー)って必要?選ぶポイントは?抱っこ紐によだれカバー(ベルトカバー)って本当に必要なの?って思いますよね。はい、必要です!ここでは、よだれカバーがいつ頃から必要なのか、必要枚数や選ぶときのポイント、おすすめなよだれカバーなどを紹介しています。...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

転勤族妻チッチ(@tenzoku_tsuma)でした。

チッチ
チッチ
Twitterでブログの更新情報を発信してます!気になる方は転勤族妻チッチ(@tenzoku_tsuma)をフォローしてね!