便利育児グッズ

【レビュー】新生児から安心して使えるエルゴアダプト!

エルゴ アダプト 新生児 抱っこ紐

首の座っていない赤ちゃんとのお出かけは何かと大変。そこで必須アイテムとなるのが抱っこ紐です。

抱っこ紐も種類が多くてどれを選んでいいのか悩みますよね。

私が抱っこ紐を選ぶために重要視したポイントは

  • 新生児から使える
  • 長時間使ってもなるべく肩や腰が痛くならない
  • 長い期間使用できる

です。

そして選んだのが、抱っこ紐では有名なエルゴベビーの「アダプト」。

この記事では、長男、次男とエルゴアダプト愛用者の私の徹底レビューを紹介しています。

エルゴアダプトは新生児から付属品無しで使える

抱っこ紐は意外と新生児から使えないタイプも結構あり、新生児の時から使用したい場合、別に付属品をつける必要があったりします。

エルゴの中にも、「インファントインサート」という付属品をつけないと新生児から使えない抱っこ紐あります。

エルゴ アダプト 新生児 インサート

けれど、このエルゴの「アダプト」は新生児からインサート無しで使用できちゃいます。

いちいちインサートで赤ちゃんを包んでから抱っこ紐をするという手間は、毎度となると面倒ですし、何より赤ちゃんが窮屈そうで暑そう。

よく使う抱っこ紐は、装着が簡単で赤ちゃんが快適じゃないといけませんよね。

アダプトのヘッド&ネックサポートで新生児でも安心

エルゴ アダプト 新生児 ネックサポート

首が座っていない赤ちゃんでも安心できるヘッド&ネックサポート。

エルゴ アダプト 新生児 ネックサポート

このヘッド&ネックサポートは赤ちゃんの成長に合わせて位置を調節できるので、新生児の赤ちゃんでも首がグラグラせず、しっかりインサートの役割を果たしてくれます。

新生児から使って足(股関節)は大丈夫?

新生児から抱っこ紐を使って、赤ちゃんの足(股関節)は大丈夫かな?痛くないかな?と心配になりますよね。

エルゴアダプトは、月齢に合わせて足(股関節)の広げる大きさを調整します。

エルゴ アダプト 新生児

成長に合わせてベストな足(股関節)の開きになるように、マジックテープを替えてあげるだけで安心して使用することができます。

エルゴ アダプト 新生児

日本限定ベビーウエストベルトで落下防止

エルゴ アダプト 新生児 ベビーウェスト 落下防止

エルゴアダプトには、付属品に日本限定で落下防止の「ベビーウエストベルト」があります。

このベルトを赤ちゃんの腰に巻いて抱っこ紐本体と繋ぐと、赤ちゃんの落下を防いでくれます。

エルゴ アダプト 新生児 ベビーウェスト 落下防止

意外と多い抱っこ紐からの赤ちゃんの落下。

特に「赤ちゃんが小さいうちは横ずれとかが心配!」という方は、こちらと合わせて使うと安心ですね。

すごく重要!!肩・腰がラクチン

抱っこ紐でもっとも重要視した部分は、抱っこしていて肩や腰の負担がなるべく少ないということです。

エルゴアダプトは、クッション付きの肩ベルトと腰のサポート付きウエストベルトで、肩と腰に荷重をバランスよく分散するので長時間使用していても負担が少ないです。

私は抱っこ紐を購入する時に、エルゴとベビービョルンで悩みました。

ベビービョルンの方が、私の中では装着した時にスタイリッシュというか、シュッとしているイメージだったんです。

エルゴとベビービョルンを両方使った友達から、大きくなってきて体重が重くなってきたら肩ベルトのしっかりしているエルゴの方が絶対オススメ!!と言われてエルゴに決定。

やはりお出かけなど長時間使用するなら、なるべく肩や腰に負担が少ないのが良いですよね。

エルゴって小柄な人でも大丈夫?

海外製品なので、小柄な日本人には合わないとネットの口コミで見かけたりするエルゴの抱っこ紐。

そんな小柄な人でも大丈夫!

エルゴ アダプト 新生児

エルゴアダプトでは、小柄な人でも肩ベルトがずれないようにクロス装着ができるようになっており、しっかり肩にフィットします。

「夫には良いけど私にはサイズが合わないかも…」と思っていたママさん。

クロス装着だと小柄な人でも赤ちゃんと自分がしっかりフィットするので安心です!

エルゴアダプトのデメリット

次に、アダプトのデメリットを紹介します。

前向き抱っこができない

エルゴアダプトの最大のデメリットは前向き抱っこができないことです。

エルゴ 前向き抱っこ omni360

私が抱っこ紐を購入する時、インサートなしで使える抱っこ紐はアダプトしかなかったんですが、新たに前向き抱っこもできる「OMNI360」が登場しています。

アダプトとの違いは、前向き抱っこができるかどうかです。

チッチ
チッチ
個人的には前向き抱っこはできなくても問題なしと思っています。

赤ちゃんが少し大きくなってきたら前向き抱っこを考えてる方は「OMNI360」がオススメです。

\ 前向き抱っこならOMNI360 /

ただし、アダプトに比べると「OMNI360」は値段がお高くなっています。

エルゴ omni360 オムニ360 新生児
オムニ360は新生児でも安心!エルゴアダプトとの違いは前向き抱っこエルゴベビーの最上級モデルのOMNI(オムニ)360は、新生児から安心して使える抱っこ紐です。OMNI(オムニ)360とアダプトの違いは前向き抱っこだけ!本記事では、OMNI(オムニ)360の特徴やデメリットを紹介しています。...

調節紐が落ちる

もう長く使用しているからかもしれないんですが、肩や腰ベルトを調節する紐を止めるゴムがそんなにキツくないのですぐに取れちゃうという難点が…

エルゴ アダプト 新生児
チッチ
チッチ
ゆるくなってきてすぐ落ちちゃう

私はとめても落ちてくるので輪ゴムでとめています。

畳んでもかさばる

やはり、スリングに比べてかさばる抱っこ紐。

小さく畳んでもかさばります。

エルゴ アダプト 新生児
スリングと並べるとやっぱり畳んでも大きいね!
スリング 難しい リングタイプ
スリングって難しい?リングタイプを使用した【徹底レビュー】いろいろな種類のあるスリング。スリングって難しいイメージもあるし、抱っこ紐があったら必要ない?って思いますよね!?実際にリングタイプのスリングを使った徹底レビュー記事です。メリットだけでなくデメリットもしっかり紹介しています。...

豊富なカラー&デザイン

エルゴアダプトは、日本限定のオリジナルデザインや豊富なカラーバリエーションで、自分の好みのデザインを選ぶことができます。

また、生地もコットンタイプとメッシュタイプの2種類から選ぶことが可能です。

チッチ
チッチ
私が購入した時はメッシュタイプなんてなかったし、カラーもそんなになかったよ!

偽物に要注意!公式サイトから購入しよう!

人気商品につきものの偽物商品。

エルゴの抱っこ紐も偽物が多く出回っています。

大切な赤ちゃんに使う抱っこ紐、安全性が確証できない偽物は怖くて使えません。

安い買い物ではない抱っこ紐、必ず正規販店舗や公式サイトから購入するようにしましょう!

▼正規販売店舗はこちらから確認

ネットで購入するならDADWAYなら安心です。

DADWAYは、Ergobaby社が認定している日本で唯一の正規総代理店です。

要は、正規販売店で買おうが、ネットで買おうが、日本正規品は全てこのDADWAYを介しているということです。

DADWAYで購入すれば、間違いなく本物ですよ!

\ 日本で唯一の正規総代理店/

DADWAYで購入すると付いてくるお得な特典

  • 買い物する際にすぐ使えるクーポンが貰える
  • 新規登録するだけで1ポイント1円として使える500ポイントゲット
  • いつでも購入金額の5%還元がアダプトを購入すると10%還元!
  • 5,000円以上で送料無料
  • 14時までの注文で即日発送

エルゴアダプト まとめ

エルゴ アダプト 新生児 抱っこ紐

エルゴアダプトのおすすめポイントをまとめました。

  • 新生児から使用できる
  • 首がすわってなくてもヘッド&ネックサポートで安心
  • 成長に合わせて足(股関節)の幅を調節できる
  • 赤ちゃんの落下防止!安心のベビーウエスト
  • 絶対外せないポイント!長時間でも肩や腰が痛くなりにくい
  • クロス装着で小柄な方でもしっかりフィット
  • 豊富なカラー&デザイン
  • メッシュかコットン選べる生地タイプ

長男、次男と使用していますが、エルゴアダプトはかなりオススメです!

赤ちゃんの安全を守るため、必ず正規品を購入しましょう。

\ 正規品をお得に購入するならDADWAY! /

 

抱っこ紐 よだれカバー 必要
抱っこ紐によだれカバー(ベルトカバー)って必要?選ぶポイントは?抱っこ紐によだれカバー(ベルトカバー)って本当に必要なの?って思いますよね。はい、必要です!ここでは、よだれカバーがいつ頃から必要なのか、必要枚数や選ぶときのポイント、おすすめなよだれカバーなどを紹介しています。...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

転勤族妻チッチ(@tenzoku_tsuma)でした。

チッチ
チッチ
Twitterでブログの更新情報を発信してます!気になる方は転勤族妻チッチ(@tenzoku_tsuma)をフォローしてね!