妊娠・出産

腹帯っていつから使い始めるの?犬印の妊婦帯で腰痛予防

腹帯っていつから使う?アイキャッチ画像

妊娠してだんだんおなかが大きくなってくると、反り腰になって腰が痛くなったりしませんか?

私もひどくはないですが、腰痛で悩まされた妊婦の1人です。(元々反り腰で腰があまり良くないのもあります。)

妊娠中のマイナートラブルの一つ、腰痛を少しでも軽減してくれるのが腹帯です。

この記事では、妊娠中に使用した腹帯について、使い始めた時期や使用した効果などの感想を紹介しています。

こんな人におすすめ
  • 腹帯っていつから着けるのか気になっている人
  • そもそも腹帯は着けなきゃいけないのか疑問に感じてる人
  • 実際腹帯を使用した感想が知りたい人
  • 腹帯を購入しようか迷っている人

腹帯っていつから使い始める?しなきゃダメ?

オラウータンが疑問に思っている画像

日本では妊娠5ヶ月になった最初の戌の日に安産祈願をして、腹帯を巻くという風習がありますよね。

諸説ありますが、この時期に腹帯を巻くと安産になると言われていたりします。

ですが、妊娠5ヶ月になってもまだ全然おなかの目立たない妊婦さんもいますし、経産婦の場合、初産婦に比べておなかが大きくなるのが早かったりします。

私も、1人目の時はおなかが大きくなるのが遅く、妊娠5ヶ月でもあまりわかりませんでしたが、2人目の時はおなかが大きくなるのが早かったです。

なので、この日から使い始めるという決まりはなく、必ず腹帯を着けなくてはいけないということもありません。

そもそも、腹帯を巻くという風習は日本だけで外国にはないですから。

腹帯を使用する目的や効果

ロウソクの画像

腹帯を使用する目的や、どんな効果があるのかご紹介します。

腹帯はおなかを支えて負担を減らす

妊娠しておなかが大きくなってくると腰や背中への負担が大きくなってきます。

おなかが前へ出るので気がついたら反り腰になっていたり…

私は元々反り腰で腰があまり良くないんですが、妊娠しておなかが出てくると余計に腰が痛くなってしまいました。

腹帯はおなかを支えてくれる役割を持っているので、腰や背中への負担を減らし腰痛予防にも効果があります。

私は、息子の時はおなかが大きくなり始めた5〜6ヶ月頃から使い始めましたが、2人目の時は4ヶ月くらいから腹帯を使用しています。

特に、1人目の時に切迫早産になってしまったので、おなかを支えるためにも2人目の時は早めに使い始めました。

冷え対策にも効果的

腹帯には、おなかに着けるので保温効果もあります。

妊婦さんに冷えは対敵です。

腹帯を着けることで、直接冷えるのを予防してくれる効果もあります。

タイプはいろいろ!自分に合った腹帯を選ぼう

選択肢がある画像

腹帯といっても、いろいろなタイプがあります。

自分に合ったタイプの腹帯を選んで使用しましょう。

サラシタイプ

  • 帯状なのでおなかの形や大きさに合わせて巻け、巻く強さも調節できる
  • 戌の日の帯祝いにも最適

腹巻タイプ

  • 着用感が楽なので、つわり時や就寝時などおすすめ
  • 腹巻タイプなので保温効果が高く、冷え予防に最適

パンツタイプ

  • パンツタイプとはショーツ型の腹帯
  • ずれにくいので仕事やお出かけに最適

サポートベルトタイプ

  • マジックテープで立ったまま無理なく着けることができ簡単に調節できる
  • 下からしっかり支えるのでおなかが大きくなる中期以降におすすめ

骨盤ベルトタイプ

  • 緩んだ骨盤を支えてくれるので、大きくなったおなかによる腰痛を緩和
  • 産後すぐの産褥ベルト(産褥ニッパー)としても使用できる

あとは自分のライフスタイルや必要だと感じた時期によってタイプを選ぶのがおすすめです。

私の場合は、1人目を妊娠しておなかが大きくなり始めたのが冬なので、冷え予防とおなかを支えてくれる機能が両方ある補助ベルト付き腹巻タイプの腹帯を購入しました。

長く使えてよかった犬印本舗の妊婦帯

犬の画像

私が購入した腹帯が犬印本舗の「はじめて犬印妊婦帯セット」です。

犬印本舗では、腹帯を妊婦帯と名付けて読んでいるのでこの名前ですが、腹帯と妊婦帯は同じです。

「はじめて犬印妊婦帯セット」は、妊娠初期〜中期までは腹巻タイプの妊婦帯を使用でき、中期〜後期のおなかが大きくなる時期に補助ベルトでしっかりおなかを支えてくれます。

腹帯の画像

使用感ありありでスミマセン…

  • カラー:ピンク、キナリ
  • サイズ:マタニティM〜L(腹囲78〜110cm/ヒップ85〜103cm)
  • 素材:本体/綿93%、ナイロン5%、ポリウレタン2% 補助腹帯/表側:ナイロン100% 裏側:綿100%

2人目の時は、暖かい時期になっていたので腹巻タイプの腹帯は使わなかったんですが、おなかが大きくなってきたらすぐに補助ベルトを使用しました。

妊婦帯も補助ベルトもトイレの時にいちいちおろしたり外さなくてもそのままで使用できるので楽チンです。

補助ベルトの方は、よく動くと多少ズレてきたりはしますが、簡単に直すことができるので特に気にはなりません。

何個も買い換えるのが嫌だったので、長く使える犬印本舗の「はじめて犬印妊婦帯セット」にしたんですが、私には正解でした。

2人目の時も使いましたしね!

腹帯を使用するときの注意ポイント

背中のマッサージの画像

腹帯は、大きくなってきたおなかを支える役割があるけれど、キツく締め過ぎないように気をつけましょう。

キツく締め過ぎると血行不良になってむくんだり、貧血を起こしたりすることも!無理なく使用することが大切です。

腹帯 まとめ

妊婦の画像

腹帯を使い始めた時期や使用した効果などのまとめています。

  • いつからでも使用してOK
  • 腹帯はしてもしなくてもOK
  • 腹帯はおなかを支えてくれる役割があるので、腰や背中への負担を減らし腰痛予防の効果がある
  • 冷え予防の効果もある
  • 自分に合わせたいろいろなタイプの腹帯を選べる
  • 腹帯の締め過ぎには注意

腹帯は、必ず使用しなきゃいけないアイテムではないですが、私には合っていたのでおなかが大きくなってきたらほぼ毎日使用しました。

1人目の時に切迫早産になってしまったので、2人目の時はとにかくおなかを支えなきゃ!って感じです。(上の子がいるとなかなか安静は難しい…)

腹帯を使用するのに締め過ぎや少しでも心配なことがある方は、産婦人科の先生に相談すると安心ですよ!

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

転勤族妻チッチ(@tenzoku_tsuma)でした。

チッチ
チッチ
Twitterでブログの更新情報を発信してます!気になる方は転勤族妻チッチ(@tenzoku_tsuma)をフォローしてね!